サイトメニュー

美容整形クリニックで対策

目元を触る人

最先端の花粉症治療

神経伝達物質であるアセチルコリンの放出を阻害することが、ボトックス効果の基本原理です。神経の末梢からアセチルコリンが放出されなければ筋肉は動かないため、シワ抑えやエラの縮小など、ボトックスを使った殆どの美容整形治療はこの作用を軸にしています。また、アセチルコリンは汗の分泌でも不可欠な物質ですから、ボトックスは多汗症の改善にも効果的なのです。そして、この基本作用は花粉症にも効果的となっており、最先端の治療法として、ボトックスを用いた花粉症治療を取り扱うクリニックが増え始めています。アセチルコリンは鼻などの粘膜部分で多量に分泌するとクシャミや鼻水を引き起こしますが、ボトックスでこの神経伝達物質をブロックすれば、炎症が軽減できる訳です。効き目には個人差があるものの、早ければ即日に花粉症の辛い症状を緩和してくれます。この花粉症治療は注射ではなく、鼻腔へ直接点鼻して浸透させるので、基本的にダウンタイムや痛みはありません。まだメジャーな治療方法ではないため、花粉症でお困りなら豆知識として覚えておくのがおすすめです。花粉症の治療薬は飛散シーズンのひと月前から服用し始める場合も多いですが、ボトックスの花粉症治療は症状が出てからでも大丈夫です。シワ抑えなど、ポピュラーなボトックスの整形治療と違い、花粉症治療では効果の持続時間が比較的短く、平均すると概ね2週間前後となっています。ですからあまり早く治療を受けないよう、注意しておくのがポイントです。ですが即効性と副作用が少ないという優れた特徴があり、一般的な花粉症の治療薬に見られる気だるさや、眠気といった副作用はありません。勉強や仕事はもちろん、自動車の運転にも影響しませんから、失敗したくない大切なプレゼンや入試、それに運転免許試験など、ここぞという場面でも効果を期待できます。このため副作用に関しても、従来の花粉症治療薬と混同しないように気をつけてください。そして、この施術を取り扱っている美容整形クリニックなどはまだ多くありませんので、治療を希望する時は、事前に各院へ問い合わせておきましょう。また、料金も各クリニックで異なりますから、費用の比較も忘れずに済ませておきます。